ショッピングカート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |    ≫EDIT
クリスマスイブ
長い人生には様々な節目がある。七五三、入学式、卒業式、成人式、そして結婚、出産(男性の場合は父親になるか。)等々。もちろんめでたいことばかりではなく愛するものとの別れもその中に含まれるであろう。

それを一年という限られた期間で考えると、新しい年を迎える大晦日が一つの節目になる。しかし職業柄この12月、それも残り1週間を数えるこの時が肉体的、精神的にも疲れがピークに達するのである。しみじみと一年を振り返る余裕はまだ無い。唯一、自分が節目と感じることといえば『有馬記念』である。毎年、クリスマスイブの前後が昨夜書いた『有馬記念』にぶつかる。そうなのである。自分にはクリスマスイブではなく『有馬記念』なのである。

「ああ、今年もか・・・」と「う~ん・・・。」とうなり、己の力の足りなさ、ふがいなさを思い知らされ、また「う~ん」とため息をついてそれで終わる。子ども達にいわせればB型特有の性格で「まァ、来年頑張るか・・・。」でカウントダウンに入る。

いや、待てよ。困った。話に脈絡がなくなってきた。そうだ今日のテーマはクリスマスイブであった。気を取り直して・・・今日はクリスマスイブである。

今晩の夕食は三人。長女と末娘の二人はそれぞれの相方とイブを楽しんでいるはずである。ということは息子が在宅。しかし心配後無用(誰も心配などしていないか・・・汗)土曜日、日曜日とイブの前倒し(?)で彼女と楽しんできた後である。

食事のときカミさんが「ケーキを買っておけば良かったわね。」と言った。そういえばここ数年イブの夜にケーキが無くなった・・・。いや、去年は??? それもとんと覚えが無い。やがてカミさんと二人だけのクリスマスイブになるか。もっともクリスマスイブに三人の子ども達がガンクビ揃えていても・・・ムム・・・か。
スポンサーサイト
【 2007/12/24 22:04 】

| 店主のつぶやき日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |    ≫EDIT
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。