ショッピングカート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |    ≫EDIT
一期一会の仕事
日通等、大手運送会社の話によれば年間受注の70%の引越し業務が3月、4月に集中するのだそうだ。年度末、年度初めであり、卒業、入学のシーズンである。当然運送業者のみならずそれに関連する業態も多忙を極めることになる。かくいう我々リフォーム業者もその恩恵を被っている。

人の移動があると部屋をリニューアルして次の人が住むのであるが、あまりにも短期間での勝負になるので当方も少々バテ気味になる。もう少し年間を通して平均的に仕事がくればなァ・・・。というような気持ちになるのであるがそんな贅沢なことは言っていられない。

というのもここ数年間はデフレ景気で年度末の実感が無かったのだ。引越し貧乏という言葉がある。要は動けば金がかかるのである。地方で大学進学の子を持つ親も多額の仕送りをする余裕がなければ地元で受験させるであろう。景気が悪ければ企業も人事異動を控えるという寸法だ。

日銀、政府がデフレ脱却を宣言してから相当な期間が経ったがようやくにして末端にまでそんな気配が感じられる3月であった。とはいっても花見酒などとシャレていられる余裕は無い。仕事にブレはつきものだ。

さて、自分が住む街に中央官庁の社宅がある。100世帯以上の個数のかなり大規模な社宅である。縁あって出入りの業者として登録されることになった。この社宅のシステムとして異動で出るときには、管理人立会いの下でチェックされた部分を修復して出て行かなければならない。登録されている業者であれば選択はその部屋に住んでいた(過去形)住人の自由である。

そこで自分が違和感を感じることがある。つまり金を出す依頼人が「仕事」の結果を決して見ることがないということだ。支払は納品後、日本各地(海外の場合もある!)に異動している元住人に請求書を送付、振込みをしていただくという段取りになっている。

本来、客と業者の付き合いとは依頼された仕事を見てもらって気に入ってもらえればまた次回の仕事依頼にもつながり、当方もまた張り切るという寸法であるが、ここでの仕事はまさに一期一会の商売となる。

支払に関して言えば転勤先が決まっていない場合もあったりして携帯電話番号だけの取引になったりもする。しかしそこはそれ中央省庁のトップクラスの国家公務員さんたちである。お互いに信頼関係だけで成り立っているわけだ。自分としても引越し前の慌しさの中でたった一度打ち合わせをしただけの依頼人に情が移ったりして仕事の結果を見てもらえないことに一抹の寂しささえ感じる。

というわけで金を払う人間が全く仕事の結果に関与しないという仕事が4月中旬まで続く。
【 2007/03/31 23:13 】

| 店主のつぶやき日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |    ≫EDIT
<<「チー」の近況 | ホーム | 「ピー」との別れ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naisou224.blog105.fc2.com/tb.php/29-7800e042
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。