ショッピングカート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |    ≫EDIT
馴染み
18世紀から19世紀にかけてイギリスに始まった産業革命は物の生産量を飛躍的に拡大して工場生産と資本主義を確立した。結果として従来のマニュファクチュアー的な手工業は壊滅的な打撃を被ったのである。

現代もまさに21世紀の産業革命というか販売革命というか、情報革命というか・・・まあ、言い方はさておいてこれらの変革にとても付いて行けない。ややもすると取り残されるのではないかという不安がよぎる昨今の自分の商売の現況である。

電化製品や自動車などが各工場で部品を作り、組み立てるということはあり得ても、住宅産業、建築業界に関しては職人集団の個々の技術の連携によって成り立っていると高をくくっていたのが間違いの元であった。今は、住宅も工場で作る時代なのだ。

自分が作っている襖も95%がメーカーの工場生産に占められるようになった。襖について言えば一部の高級仕様と張替依存のみに活路を見出すしかないのである。自分たちと同様な現状が様々な分野で見受けられる。床屋さんもそうであろう。

組合に入って協定料金で従来のサービスを提供して、各々の業者の棲み分けができていたのが、低料金を売りにする組合未加入の店舗が出現した。まあ、ここら辺まではどの業界でも見受けられることであって、技術やら丁寧さやら客への対応などで差をつけて料金の差を埋め合わせていた。

ところが「カットのみ」「10分間」「1,000円」を看板に全国展開するフランチャイズが自分の家のすぐ近くのJRの駅構内に開店したのである。初めは「フーン」という感じで眺めていたのだが、まさか自分が「1,000円床屋」に座ろうとは考えても居なかった。

前回「つぶやき」に書いたように馴染みの床屋の廃業でとりあえずむさくるしい頭を何とかしようと思って入ってみた。ところが、結構いいのである。フランチャイズであるからマニュアルが徹底している。衛生的であって、接客も作業も実に無味乾燥でロボットが散髪しているような感じだ。実はそこがいいのだ。料金も自販機に1,000円札を入れるようになっている。店舗は外部から丸見えで「10分間」が売りであるから待ち人数を数えれば自分の順番までの時間が計算できるもの便利である。

もう数回利用している。驚いたことに客層が結構広いのである。女性客が多いことにもびっくりした。学生、子どもも多い。要するに老若男女を問わず順番を待っている。

自分としては馴染みの店が見つかるまでの「つなぎ」と考えているがどうかすると「1,000円床屋」が馴染みになりそうな気がしないでもない。

しかしもう片方では散髪をしながら手の爪の手入れをしてもらったりマッサージとか顔のシワのたるみを伸ばすとかで2時間「ン万円」などというコースが予約で満杯などというニュースを見聞きしたりもする。両極端になって行くのかもしれない。商売で勝ち残る(いや生き残るでいいか。)コツはここらへんにあるのか。

ちなみに当社ではお客様のご予算に合わせて見積をさせていただきますのでぜひお声をかけてください。絶対に「馴染み」になっていただける自信ありです!
【 2007/01/13 23:21 】

| 店主のつぶやき日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |    ≫EDIT
<<節分~豆~そして鳩 | ホーム | 髪床>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naisou224.blog105.fc2.com/tb.php/38-3c139b43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。