ショッピングカート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |    ≫EDIT
無くて七癖、独り言。
爪を噛む癖、髪をいじる癖、人それぞれに癖を持っていると思うが。自分の癖は少々はた迷惑な癖かもしれない。結婚当初、よくカミさんから、「な~に?」と聞かれた。聞かれた自分は別にカミさんに話しかけたつもりが無い。「なんでもないよ?」「あら、今何か言ってたじゃない?」「え?ああ、あれ、独り言・・・。」

そう、自分の癖は『独り言』を言うことだ。カミさんに言わせると『寝言』は理解できるが『独り言』は理解できないという。そうかもしれない。無意識にしているのが癖というならば、自分は『独り言』を言っているということを自覚しているからだ。若い頃、オヤジやお袋にもよく言われた。「ほら、また泰輔がブツブツ言ってるよ。」

ついでに言うと、自分は新聞や本を読むときも音読をする。今ではカミさんも『独り言』を音読と同じに理解しているようだ。しかし、音読もまたカミさんには理解できないらしい。音読では内容が頭に入らないという。自分は黙読では頭に入らないのだ。

自己診断するに、自分は内向的で、自己表現が下手なのだと思う。言いたいことがあっても言い方一つで相手を傷つけたり怒らせたりすることが怖いのかもしれない。それならば言わないで置いた方が無難だ。しかし心が広くて言いたいことを納めているわけではないからストレスがたまる。 そのストレスの発散として『独り言』を言っているのかもしれない。

仕事がうまくいっていたり、体調がよくて日々、楽しいときは『独り言』は出ない。仕事で鬱憤がたまったり、下手を打ったり、苦境に立たされたりすると「出るわ、出るわ 」自分の『独り言』はストレスのはけ口というわけだ。

カミさんは自分とはまったく逆で腹にためて置けない性格だ。事が起これば見事なほどに自分の意見を並べたてる。見当はずれや的外れでないだけに相手も納得させられるというわけだ。もちろんカミさんは決して『独り言』は言わない。もっとも自分のホームページでは毎日『独り言』を書いているようだが・・・。
【 2006/07/13 13:52 】

| 店主のつぶやき日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |    ≫EDIT
<<勝てないッ! | ホーム | 高いぞ!冷やし中華!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naisou224.blog105.fc2.com/tb.php/63-fd2c69dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。